日本でのウェブホスティング あなたのローカルビジネスの成功のために

総合評価で比較した日本のウェブホスティングのトップ3
Money Back Anytime
VPS $166 - $204
Dedicated Server $347 - $579
Shared hosting
Cloud hosting
5.0 rating
Money Back:
VPS $15 - $500
Dedicated Server $129 - $1,099
Shared hosting
Cloud hosting
5.0 rating
Money Back:
VPS $13 - $229
Dedicated server
Shared hosting
Cloud hosting

日本でのウェブサイトホスティングを検討する理由トップ8

日本でのホスティングを選択する際には、多くの要因が絡んできます。その中でも、ホスティング会社のサーバーの設置場所は、ビジネスの成功と成長に大きな影響を与える可能性があるため、考慮すべき重要な要素です。良いニュースは、以前に間違った選択をしたことがあっても、適切な東京専用サーバーを選択することによって修正できることです。 しかし、ウェブホスティングプロバイダーを変更するための複雑なプロセスに対処する必要がないように、最初から正しい選択をすることが最善です。ホスティングにはさまざまな選択肢がありますが、ローカル・ホスティングが最良の選択であることが多いです。つまり、オフショアホスティングではなく、日本のVPSを選択した方が良いということです。 なぜローカルでホスティングするのが良いのでしょうか? 多くの日本のVPSプロバイダーは、顧客のウェブサイトを海外のサーバーでホストしたり、他のオフショアウェブホスティング会社からのリセラーサービスを使用しています。これらは、サーバーがあなたの地域内に位置していないため、ローカルWebホスティングプロバイダと同じではありません。 Hostinger Japanのようなローカルウェブホスティングは、あなたの国に所在するサーバを指します。あなたがローカルであなたのウェブサイトをホストするための騒動について疑問に思っている場合は、ここでウェブホスティング日本が最適である理由トップ8です。

読み込み速度

サイトへのトラフィックを増加させる最も重要な要因の1つは、Webページの読み込み速度です。サイト訪問者は、読み込みの速いサイトを好みます。もし、あなたのウェブサイトのページが遅くて読み込みに時間がかかると、あなたのページから離れ、競合他社のサイトに移動してしまうでしょう。 日本国内の専用サーバーホスティングでは、海外のホスティングと比較して、平均3倍の速度でサイトを動作させることができます。その理由は、超低遅延にあります。ローカルでホスティングすると、ローカルトラフィックがインターネットエクスチェンジポイントをローカルで経由するため、レイテンシーがより速く、より良くなります。

最適な検索結果ランキング

日本を拠点とするビジネスのために日本でホスティングを行うと、検索エンジンの結果順位が大幅に向上します。Googleは、お客様のコンテンツを理解するために、お客様のウェブサーバーのIPアドレスを使用していることは注目に値します。あなたがよく知っているであろう実際の例を見てみましょう。 特定のサービスを検索したとき、上位に表示されるのは通常、あなたの近くの会社のものです。あなたが場所を指定していないにもかかわらず、Googleはあなたの場所を判断して、あなたの地域のニーズに関連する検索結果をもたらすことができます。例えば、Hostgator Japan を選択した場合、ビジネスでの検索結果の順位を上げることができます。

手頃な価格

オフショアでのホスティングにはいくつかの欠点がありますが、そのうちのひとつはコストです。海外のホスティング会社は自国の通貨をベースにホスティング料金を請求します。つまり、例えば米国に本社を置くホスティング会社を利用する場合、日本でのホスティングを選択した場合よりも多くの料金を支払うことになります。 その理由は簡単です。米ドルの価値は日本円よりも高いのです。したがって、Vultr Japanのようなホスティング会社を検討し、ホスティングサービスのコストを大幅に削減する必要があります。

より良いセキュリティ

もしあなたのサイトが脆弱であれば、それは自動的にあなたのビジネスにも及びます。多くの日本のWindows VPSプロバイダーは、あなたのウェブサイトが安全でセキュアである、安全性の高いサーバーを提供しています。信頼できるホスティングプロバイダーは、お客様のサイトやメールアカウントを監視し、不正アクセスやマルウェア、ウイルスなどのセキュリティ脅威から保護します。 また、日本のVPSサーバーがセキュリティ上の問題を検出した場合、チームはお客様のサイトを最適な動作状態に戻すために作業を行います。

データ・プライバシー法

顧客のデータの安全性は非常に重要であり、お客様のデータおよび顧客のデータがどこに保存されているかを知ることは、最重要事項であると言えます。多くの場合、そのようなデータのセキュリティは、情報がホストされている地域のデータプライバシー法によって決定されます。 データが保存されている国のデータプライバシー法は、その国の法律よりも優先されることを知っておくとよいでしょう。つまり、あなたの国の法律はもはや適用されないということです。国際法に関する複雑な問題を避けたい場合は、日本でのホスティングが最適です。

より良いカスタマーサービス

Webサイトに問題が発生した場合、迅速な対応が必要です。日本のホスティング会社では、そのようなことが可能です。なぜなら、日本のホスティング会社は現地のサービスプロバイダーであり、通常の営業時間内に業務を行うからです。それはあなたがあなたの都合であなたのvps サーバー 無料サーバプロバイダを取得することができますことを意味します。 あなたがそれらをチャットすることを選択した場合でも、それはまだ高速なプロセスです。それは、彼らが地元のビジネスに出席し、あなたが大規模なチケットシステムを持つ国際的なホスティング会社に連絡した場合、待ち時間は、しばしばそれほど長くないからです。 ちなみに、日本のホスティングサービスを利用する場合は、電話を取って本物のカスタマーサービスと話すだけで、問題を解決することができます。

地元企業を支援する

その国に住む人は皆、自分の国が経済的に発展することを望んでいます。そのためには、地元の企業を支援することが一つの方法です。 日本のホスティングサービスプロバイダーは地元企業であり、彼らを支援することは、地元のために労働力を増やし、仕事を提供することに貢献することを意味します。 国際的なホスティング企業は、すでに大きな顧客基盤を持っています。国際的なホスティング会社はすでに多くの顧客を抱えており、彼らのビジネスを後押しするだけで、あなたの国の地元企業は苦境に立たされます。ローカルビジネスをサポートするために、あなたのウェブサイトをホストするために日本の専用サーバーを選択します。

地域経済を後押しする

あなたの国の経済の成長は、国内のすべての個人とビジネスのドミサイルの成功にある。あなたが日本の専用ホスティングサービスプロバイダをひいきにしている場合、あなたは直接国の経済に影響を与えます。 海外のホスティングサービスでは、毎年何百万円もの資金が失われています。日本でのホスティングを選択すると、経済成長に貢献することになります。現地のホスティング会社は収益を上げ、その国の経済成長に貢献するのです。

現地ホスティングプロバイダーの選び方

日本でのホスティングの利点がわかったところで、あなたのウェブサイトに最適なローカル・ホスティング・プロバイダーを選ぶ方法も見ておく必要があります。現地でホスティングを行う場合、どのようなウェブホスティングサービスプロバイダーでも良いというわけではありません。 あなたが無料のVPS ホスティングサービスプロバイダのために解決する前に考慮しなければならない要因があります。ここでは、適切なホスティングを選択するための最も重要な考慮事項を説明します。

サーバーの信頼性、セキュリティ、アップタイムスコア

不安定なネットワーク接続と弱いサーバーは、あなたのウェブサイトをオフラインにすることができます。このような事態が発生した場合、サイトへのトラフィックや潜在的な売上を失うことになります。それだけでなく、検索エンジンからの順位も低くなってしまいます。したがって、99.9%のアップタイムスコアを持つ日本サーバーのホスティング会社を目指すべきです。アップタイムスコアとは別に、あなたのデータのセキュリティも考慮する必要があります。安全なホスティングソリューションで信頼できるサービスプロバイダを選択してください。

ウェブサイトのバックアップ

サイバー脅威の割合は増え続けており、それは金融関係のウェブサイトだけに向けられたものではありません。一般的なウェブサイトもハッカーに狙われています。サイトがハッキングされると、サイトのindex.phpファイルが交換されたり、破壊されるなど、取り返しのつかない事態になることがよくあります。 また、ローカルのハードディスクが故障したり、サーバーが大きなダメージを受けたりすることもある。そのため、サービスの一環として定期的にウェブデータのバックアップを提供している日本のベストウェブホスティングを選ぶことが肝要です。

ドメイン追加オプション

すべてのビジネス・オーナーは、自分たちの組織が成長することを望んでいます。成長したとき、次のステップは多様化です。1つのドメイン名とウェブサイトでビジネスを始めても、ビジネスの成長をサポートするために複数のドメイン、サブドメイン、ウェブサイトが必要になる時が来るかもしれません。 もし、日本国内の専用サーバーホスティングサービスプロバイダーが、ドメインやサブドメイン、ウェブサイトを追加するオプションを提供していなければ、困ったことになります。したがって、あなたは彼らとサインアップすることを選択する前に、日本のサービスプロバイダでホスティングで利用可能なすべてのパッケージを確認する時間を取る必要があります。 あなたが単一のWebホスティングアカウントで複数のサイトを実行することができますまたはあなたが別のサイトを作成するために全く新しいアカウントにサインアップする必要があるかどうかを確認するためにチェックしてください。また、サブドメインパッケージと無制限のウェブサイトのパッケージのコストを確認し、他のWordPress ホスティング日本企業とのコストを比較することをお勧めします。 これらにより、ホスティングプロバイダーがあなたのビジネスに適しているかどうか、十分な情報に基づいて判断することができます。 このポータルは、以下の地域のプロバイダを評価・比較するのに役立ちます。東京、座間、横浜、富山、豊島、トマム、東京、新宿、渋谷、大田区、大阪、大野城、練馬、武蔵村山、三鷹、目黒区、町田、国分寺、上月、稲城、福島、安達

結論

日本でのホスティングは、国際的なホスティング会社でホスティングするよりも間違いなく優れています。この記事では、海外企業によるホスティングと比較して、日本国内でのホスティングに関連する利点について見てきました。また、日本国内のホスティングサービスプロバイダーを選択する際の最も重要な検討事項についても見ていきます。 もしあなたがビジネスを始めたばかりで、ウェブホスティングを試したいのであれば、無料の日本のVPSを使用して始めることができます。このプロセスに慣れてきたら、有料版へのアップグレードを進めることができます。ただし、無料のホスティングサービスには制限があり、一定の制約があることに注意する必要があります。